髪について1人で悩む前に成長因子について考えてみませんか。原因から治せば心配しなくても良くなるかもしれません。

睡眠との関係

睡眠というものは人間にとって無くてはならない大切なものです。
寝ている間に体は一日の筋肉の疲れを癒し、様々なホルモンが分泌されるなど、
次の日から活動を行う体の調子を整えてくれているものなのです。
特に睡眠を取っている時には成長ホルモンが出ることで有名なのですが、
この成長ホルモンはなにも子供の成長期だけに関係があるのではなく立派な成人になった後、
歳を取ってからでも人体の組織の健康に関わりがあるものです。
そして成長ホルモンが大きく影響している人体組織の1つには髪の毛も含まれておりますので、
育毛においてもかなり重要な存在であります。

なぜなら成長ホルモンは髪の主な成分であるタンパク質の代謝を良くし、
細胞増殖を促進することから髪の成長を後押ししてくれることをはじめ、
免疫力の向上をしてくれるという点からも髪にとっては、
様々な恩恵をもたらしてくれるものだからです。

成長ホルモンは一般的に時間にして夜の10時~2時の間の睡眠時間に、
多く分泌されると言われており、成長ホルモンを多く出そうとする為には、
睡眠の量だけが大切なのではなく、睡眠をする時間帯というものも大切であることがわかります。

また、睡眠の質もこの成長ホルモンの分泌量を増やすことにとっては重要なものであり、
できるだけ熟睡できるように安眠できる環境や、
日ごろのストレスを軽減させておくということも必要でしょう。

このように良い質の睡眠を、ちゃんとした時間に充分な量をとるということは、
育毛をするにあたって欠かせないことであることなのです。

毎日の多忙な仕事に追われて、自分の時間を取るとなると夜更かしをして
睡眠時間をおろそかにしがちになってしまいます。
ですが、やはりこれだけ大切な睡眠ですので髪の健康の為にはしっかりと夜は眠り
成長ホルモンをたくさん分泌させて、育毛の効果を充分にえられるようにしたいところです。
もし夜更かしが習慣化している方がいれば、
睡眠と育毛の関係を意識して1時間は早く寝られるようにしてみるのはいかがでしょうか。