髪について1人で悩む前に成長因子について考えてみませんか。原因から治せば心配しなくても良くなるかもしれません。

大切な頭皮環境

「最近フケが多い」
「なぜか頭が痒くなることが頻繁にある」
「頭皮に赤い発疹がよくできる」
などの悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

これらの原因は頭皮環境の悪化にあります。
頭皮環境の悪化には様々な原因があるものですが、
自分はそんな頭皮に悪いことをしているはずはないのに、
なぜそうなるのかと疑問に思う方も多いことと思います。
特に育毛に気をつけている方は、当然の如く頭皮の環境が大切である
ということは意識しているものですので、尚更その疑問は大きいものでしょう。
しかし、何気ない生活習慣や間違ったヘアケアを行うことなど、
頭皮環境を悪くしてしまう原因というのは意外な点に潜んでいるものなのです。

例えば頭皮環境の悪化に一番に思い当たるのは整髪料の間違った使用です。
整髪料は身だしなみを整える上でも日常生活には欠かせないものですが、
自分の肌にあっていないものを使っていたり、
面倒だからとついつい整髪料がついたままの髪で寝てしまったりすることは
頭皮へのダメージが大きく、育毛への妨げになりやすいので避けたいところです。

またお風呂場での行動についても多くの注意点があります。
髪の毛を洗う時に爪を立てて洗うこと、頭の水気をタオルで拭きとる時に
ゴシゴシと擦るようにしてしまうことは頭皮、頭髪にダメージを与えてしまいます。
また、ドライヤーのかけすぎは良くないのですが、
水気を含んだ頭髪はダメージを受けやすく頭皮も雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいますので
まったくドライヤーをかけずにいることも
あまり良い事ではありませんので気をつけた方がいいでしょう。

ここでご紹介したことはほんの数例ですが、この他にも、日常におけるストレスや食生活、
何気ない癖など、自分が当たり前だと思っていることを見直すことで
頭皮環境を改善してより良い育毛を促すことは可能です。
ですから、今一度自分の生活を振り返って、
頭皮へ影響を与えていることは無いかチェックしてみることは良いことであるでしょう。