髪について1人で悩む前に成長因子について考えてみませんか。原因から治せば心配しなくても良くなるかもしれません。

医療機関での治療

育毛や発毛の促進を考えた時に大切なのは、
保有している成長因子を最大限活発化させてあげることです。
毛髪の育毛に効果がある成分としてはミノキシジルなどがありますが、
それよりも効果を望めるのが成長を促す成分であり、
成長因子にも働きかける効果のあるグロースファクターというたんぱく質です。

ですが、現在のところ、市販されている育毛剤には
成長因子に直接働きかける成分が配合されたものは、さまざまな理由からまだほとんどありません。
ですから、このたんぱく質を用いて毛母細胞の働きを促すには、
専門の医療機関で直接頭皮に注入してもらうことがお勧めです。

AGA(男性型脱毛)専門医療機関ではグロースファクターに加えて、
上記であげたミノキシジル、その他にもケラチン細胞増殖因子や繊維芽細胞増殖因子、
ヒアルロン酸といった有効成分を配合した注射を直接頭皮に行い、育毛や発毛を促してくれます。
また、どれくらい成長因子を保有しているのか、脱毛因子がどれくらいあるのかなど、
頭皮の状態についても詳しく調べてもらえるだけでなく、
頭皮や毛髪のケアの方法についても専門的な見地からアドバイスしてもらえるので、
こうした状態に悩んでいる人は一度訪問してみることをお勧めします。

AGAで悩んでいる人のほとんどは、毛髪の成長を促す機能が長く低下した状態にあるため、
それを活発化してあげることでこの悩みを解消することが出来るのです。
自宅でのケアで満足な効果が得られないと感じている人は、
専門医のアドバイスを受けることから始めてみませんか。