髪について1人で悩む前に成長因子について考えてみませんか。原因から治せば心配しなくても良くなるかもしれません。

体内環境を整える

ストレスや睡眠不足が長く続くと、身体にはさまざまな影響が出て来ます。
その影響を最も受けやすい場所のひとつが『毛髪』です。
近頃、抜け毛が多い、頭髪が薄くなってきたような気がするという場合は、
ストレスなどのさまざまな要因によって体内環境が悪くなっているのかもしれません。

体内のさまざまなしくみを円滑に機能させるためには、酵素が大切です。
酵素は体内環境を整える働きの、いわばガソリンの役目をしているものです。
酵素には体内に元からあるものと、食事によって取り込まれるものの2種類がありますが、
長くストレスが続いたりするとそれらは減少し、
身体にとって必要なさまざまな機能が滞ってしまいます。

新陳代謝や頭髪の育成に大きく関わっている成長因子も、
そういった影響を受けやすいもののひとつです。
代謝機能が下がることで細胞の老化が始まるように、成長因子も衰え始めてしまい、
その結果として薄毛や抜け毛が進んでしまうのです。
そうならないためには、ストレスを軽減することや睡眠時間を増やすことに加えて、
発酵食品などの酵素を含んだ食事を摂るよう心がけましょう。
機能改善を行ってあげることが一番大切です。
育毛や増毛を考えた時、外から育毛剤などで栄養を与えることももちろん重要ですが、
酵素を摂り入れることで体内の機能を活性化させ、
それによって毛髪を太く頑丈に育ててくれる成長因子の活動を促すことがポイントなのです。
そうすることで初めて、頭皮ケアや育毛剤の効果も出てくるのです。